ペットホテル|預ける施設・一緒に泊まれる宿

ペットホテルの利用法

ペットホテルは、旅行や出張などの理由で、ペットと離れなければならない場合、ペットを預かってくれるホテルのことです。

 

四角い籠、ケージがたくさん積んであるだけと言ったイメージのペットホテルから、近年では、ペットホテルの仕様、設備、サービスも多彩になり、スタッフ、店舗の質の向上もあって、ペットホテルのイメージはだんだんよくなっています。

 

現代人の生活のパートナーとしてペットの飼育世帯が増加してきている一方、レジャーの多様化、大型化により家を離れる機会が増えたため、ペットホテルの需要が急激に伸びて来ています。
旅行や出張で家を空けなければならないときには、大変役に立つ施設です。
2005年12月1日、成田空港内に国内最大級のペット専用ホテルがオープンしたのがきっかで、最近では空港内で預かってくれる所が増えてきています。

 

ペットホテルの設備をみてみると、基本としてペットが宿泊する個々の部屋があり、ペットホテルの立地条件によっては、散歩用の運動場などが併設されています。
利用するペットホテルの所在地を分類すると、市街型、郊外型、空港近郊型に大きく分けられます。

 

市街地タイプは、自宅に近いので預けやすいのがメリットです。
郊外タイプは敷地が広く環境に恵まれています。
空港近郊タイプは、旅行出発時に、ギリギリまで一緒にいることができて、到着時にはすぐ会えることがメリットです。

 

ペットホテルの選び方は、伝染病の複合ワクチンの予防接種を利用条件にしているホテルを選ぶことが重要です。

ペットと泊まれるホテルやペンション

近年のペットブームによって、ペットと一緒に泊まれるホテルやペンションが増えています。
中には愛犬用のトイレがついていたり、ドッグメニューや犬用スイーツを多彩に用意したレストラン・バーが併設されているホテルまで出来ています。
そんなペットと泊まれるホテルやペンションを利用する場合に気をつける点を紹介します。

 

まず同じ客室での宿泊の場合は、大型ペットは無理というところが多いということ。
また法律に基づいた伝染病の複合ワクチンの予防接種を受けていることも条件になります。

 

この他の注意点としては、客室以外のホテル施設内及び庭園内では、必ずカゴの中に入れる。
客室以外のホテル施設内では、食べ物や飲み物を与えない。
客室内にて滞在中は、ペットサークルを使用する。
近所に散歩に出かけた際は、きれいに足を拭く。
鳴き声が他の客の迷惑にならないようにする。
つまり、人間と同じように、周囲の人と、後でその客室を使う人も快適に過ごせるように配慮するということです。

 

ペットと泊まれるホテルやペンションを探すには「じゃらんnet」がおすすめです。
犬やペットと泊まることができるホテル情報が満載です。

 

じゃらんの「わんことお泊まり」では、ぺっとと泊まれるホテルやペンションのほか、お遊びスポットやペットと一緒に旅行に行くときの準備や注意点、ホテルやペンションなどの宿泊先でのマナーなどがしっかり掲載されていますので、ペット同伴旅行初心者にもとても便利です。

 

診療所 薬剤師求人
薬剤師に特化した求人サービス、複数あるけどどこがお勧めなの?薬剤師が転職・就職するための求人情報探し、ここで調べてみては?